引き渡しから入居

建物の引き渡しが終われば、あとは入居するだけです。引き渡しの時には住まいの鍵を受け取るのはもちろんですが、不動産の所有権移転登記なども行われます。引き渡しされる前に内覧会でチェックはしていると思いますが、その時に指摘したことがあるのなら、解決されているかどうかきちんと確認しておきましょう。

引き渡しの日が決まったのなら、いつ引っ越すかも決めておくことです。今住んでいるところから家財道具も移さなくてはなりませんし、引越し業者の手配も必要となるでしょう。ギリギリになってから手配しようとするとバタバタしてしまいますし、時期によっては引越し業者が捕まらない、ということもあります。なるべく余裕を持って計画を立てておきましょう。

当たり前のことかもしれませんが、新たにそこで暮らし始めるには電気やガス、水道などの契約も必要となります。引き渡しの日が決まっているのなら、それに合わせて事前に契約しておくのが一般的。ほかにも、ネットの手続きや郵便物の転送手続きなどもしておくとよいでしょう。新生活が始まると家の片付けなどでバタバタしてしまうので、できるだけ早めに計画を立てておくとスムーズに新居での暮らしをスタートさせられます。

Links

Copyright © 一戸建て住宅を建てるときの流れ, All rights reserved.