内覧でのチェック

建物が完成したらそのまま引き渡し、となるわけではありません。新築の一戸建て住宅の場合だと、物件を引き渡しする前に事前の内覧会が行われることがほとんどです。どうしてそのまま引き渡しとならないのか、ということですが、もし建物の状態や仕上がりが、契約と異なっていたら大変だからです。

工事中に頻繁に進捗を確認していたのなら、施工業者のミスや契約と異なっている部分なども発見できるでしょうが、そうでない場合だと完成してから気づくということも少なくありません。トラブルになってしまうので、こうした事前の内覧会が行われています。仕上がりが契約と異なっている部分はないか、自分たちの決めた設備機器が導入されているか、傷などがついていないかといったことをチェックしてください。

契約と異なる部分があるのなら、すぐに指摘するべきです。ほかにも、問題があると思える部分があるのならきちんと指摘し、引き渡しの日までに解決してもらえるようにしましょう。場合によっては、大きな欠陥やミスが内覧時に見つかることもあります。これから長く住み続ける大切な家ですし、引き渡しされたあとにトラブルになってしまわないよう、内覧会ではじっくりとチェックしてください。

Links

Copyright © 一戸建て住宅を建てるときの流れ, All rights reserved.